眼球トレーニングという視力回復方法

この頃、眼球トレーニングで視力回復が可能になるとして、方法が注目されています。眼球トレーニングとはどのように行えばよいのでしょうか。視力回復トレーニングの基本は、眼の筋肉を鍛えるということです。

ものを見る時は、眼の内側にある内眼筋と外眼筋という筋肉の働きがポイントになります。見た物をくっきりさせる働きがあるのが内眼筋ですが、パソコン作業などでずっと内眼筋を使っていると、使いすぎでものがぶれて見えてきます。内眼筋を増強するためには、調整力や遠近のトレーニングをする必要があるといいます。

人間の眼は、物を見るために常に動いていますが、眼の動きを調節するのが外眼筋です。眼球トレーニングは、近くの同じところばかりを見ているためにかたくなって締まった眼筋の血流を促進し、動きやすくする目的があります。

上下と左右を順番に見る運動をすることで、眼球の向きを司る外眼筋の運動ができます。自分にとってやりやすい方法でやれば、決まったやり方は特にないといいます。指を利用して外眼筋を鍛える方法もあります。人差し指を立て、上下左右斜め、さらに円を描くように動かしてそれを目で追うようにします。

凝り固まった眼筋を柔らかくすることができます。効果アップには遠近トレーニングとの併用がよいといいます。すぐ目の前にえんぴつを持ち、遠くに目標物が見える場所に立って、近く遠くを順繰りに見ます。遠くを見る時は息をゆっくり吸って、近くを見るときはゆっくり吐くという腹式呼吸をします。

可能な限り遠くの対象物を決めるといいでしょう。一日に一セット、二十回行うことを繰り返します。家庭でできる眼球トレーニングなら、手軽にできる視力回復方法として、継続していけるのではないでしょうか。