メタボとダイエット

ダイエットをする人の中には、メタボ予防のためだという方がいます。最近よく聞くメタボとは、メタボリック症候群もしくはメタボリックシンドロームのことです。今、ダイエットをしているのは、メタボを回避するための一策という方もいます。

どこからがメタボと診断される体かは、学会や研究会によって微妙な食いちがいがあるといいます。日本では、メタボと判断される前提には、女性はお腹まわり90㎝、男性はお腹まわり85㎝です。血圧については、130/85mmHg以上であることがメタボの指針となります。

HDLC40mg/dL未満、 血糖値110mg/dL以上、中性脂肪が150mg/dL以上という項目を満たしている場合、メタボの可能性が非常に高いと見なされるでしょう。積極的にダイエットをするように医師から勧められるようです。

内臓型肥満であり、血圧や血糖値が高く、脂質異常症などの症状のリスクが高いと言われています。2項目以上に該当する人はメタボであると言われ、ダイエットをするように言われます。

メタボになったからといって、具合が悪くなることはないため、多くの人は加齢のせいと流してしまうことが多いようです。最近、下腹部に脂肪が増えてきたなと思う人は、ダイエットをしてメタボ対策を講じてみてはどうでしょうか。